文豪とアルケミスト×金沢みらい茶会

DMM GAMES『文豪とアルケミスト』と
金沢21世紀工芸祭 金沢みらい茶会がコラボ

金沢三文豪、室生犀星・泉鏡花・徳田秋声をイメージした茶器とお菓子・お茶(珈琲)でたのしむオンライン茶会

YouTubeにてライブ配信いたします。
「文豪とアルケミスト」プロデューサー谷口晃平氏と、三文豪の識者がパネリストとして、ゆかりの品々やエピソードを交えての文豪の面影に迫ります。

文豪とアルケミスト

DMM GAMESより配信されているブラウザゲーム。

-世界観-

たとひ魂は砕けても、想いは砕けない

どこかの時点で違う歴史を歩み始めた日本。

近代風情が長く続くこの世界では、多様な思想を生み出す文学書が人々に個性と意志を与えてきた。

しかし― 突如、文学書が全項黒く染まってしまう異常現象が発生、次第にそれらの文学書は、最初から無かったかのように人々の記憶からも奪われ始める。

それは負の感情から生まれた「本の中の世界を破壊する侵蝕者」によりもたらされた災禍だった。

それに対処するべく、特殊能力者“アルケミスト”と呼ばれる者が国の図書の全てを扱う国定図書館に派遣された。

彼らは特務司書として文学書を守るため、文学の持つ力を知る文豪を転生、彼等の力を使い侵蝕者達を追伐する。

金沢みらい茶会2020

〜伝統と現代、それぞれの茶会〜
「⾦沢みらい茶会」は、「茶の湯」⽂化が根付く⾦沢ならではのイベントです。今回は「トラディショナル」と「コンテンポラリー」の2 種類の茶箱制作を通して、⼯芸の可能性や道具としての魅⼒のみならず、お茶の楽しみそのものを探る試み、新たなお茶の価値観を提案します。
注⽬は「DMM GAMES」の⼈気オンラインゲーム「⽂豪とアルケミスト」とのコラボレーションです。本企画ではオンライン上で⾦沢ゆかりの三⽂豪(泉鏡花・室⽣犀星・徳⽥秋聲)をテーマとした茶会を展開し、今回のオンライン茶会のために制作されたオリジナル九谷焼茶器セットもご購⼊頂けます。
そのほかにも「お茶⽂化」に楽しく触れてもらえるコンテンツを数多くご⽤意し、⼯芸作家やお茶に携わる⼈々を⽀援する、ニューノーマルな社会に対応した新しい様式、企画を開催いたします。(動画配信有)

茶器について

『文豪とアルケミスト』の世界観をイメージして九谷焼で制作した金沢三文豪の茶器セット

文豪とアルケミストの世界観を表す「歯車」と「蓮の花」とそれぞれの文豪を連想させるモチーフを散りばめました。

室生犀星

10/31(sat)15:00~
YouTubeにてライブ配信

パネリスト:室生犀星記念館 名誉館長 室生 洲々子氏

オンライン茶会、茶器・お菓子・お茶セットの購入につきましては以下のURLをご参照ください。
https://21c-kogei.jp/contents/1442/

煎茶碗と小皿

文豪とアルケミスト内で室生犀星の身につけている装飾品、犀星の詩や小説にも登場する杏の花や実・金魚を モチーフとして使用し、九谷焼の図案に落とし込みました。

お菓子

犀星 杏っ子(協力:越山甘清堂)
犀星の長編小説の名を冠したお菓子。
犀星が愛した杏を餡にして、最中の皮に自分で詰めて頂く珍しいお菓子です。甘酸っぱい杏の上品な味をお楽しみください。

お茶

深蒸し煎茶(協力:THE TEA SHOP CHANOMI)
犀星をイメージした深蒸し煎茶をティーバックで。

泉鏡花

11/7(sat)15:00~
YouTubeにてライブ配信

パネリスト:泉鏡花記念館 学芸員の秋山 稔氏

オンライン茶会、茶器・お菓子・お茶セットの購入につきましては以下のURLをご参照ください。
https://21c-kogei.jp/contents/1457/

湯呑と小皿

文豪とアルケミスト内で泉鏡花の衣装に描かれている紅葉の模様・雪の結晶模様、身につけている装飾品の紐、鏡花が実際に向かい干支としてコレクションしていた兎をモチーフとして使用し、九谷焼の図案に落とし込みました。

お菓子

加賀の白峰(協力:佃の佃煮)
泉鏡花が幼少の頃遊んだ久保市神社となりに本店を構える佃の佃煮。
加賀の白峰(はくほう)は、最中の皮の中に、自然な甘味の米飴でを炊いたくるみ煮です。

お茶

鏡花(協力:上林茶舗)
金沢の文豪・泉鏡花がほうじ茶を好んだことにちなんだオリジナル製法の加賀棒茶。

徳田秋声

11/15(sat)15:00~
YouTubeにてライブ配信

パネリスト:徳田秋聲記念館 学芸員の薮田由梨氏

オンライン茶会、茶器・お菓子・珈琲セットの購入につきましては以下のURLをご参照ください。
https://21c-kogei.jp/contents/1460/

カップ&ソーサー

文豪とアルケミスト内で徳田秋声の衣装に描かれている紅葉の模様、身に付けている装飾品の紐、著書『あらくれ』表紙のいちごをモチーフとして使用し、九谷焼の図案に落とし込みました。

お菓子

きんつばビスキィ(協力:ル・コタンタン金沢)
クリーミーで香り豊かな手作りバターと金沢で愛されてきた和菓子、きんつばとの出会い。洋と和を結んだ新しいお菓子の食感、美味しさをお楽しみください。

珈琲

金澤美人珈琲(協力:ダートコーヒー)
珈琲を好んで飲んでいた秋声。
金沢らしさを演出した華やかなドリップコーヒー。金箔を浮かべて豪華にお楽しみください。

Scroll to top